教育とは、人間を成熟させるために体と心の両面に意識的に働きかけることです。

幼児教育は何歳からがよいか

教育は人を成長させ、国を成熟させる

幼児教育は何歳からがよいか 教育とは、人間を成熟させるために体と心の両面に意識的に働きかけることです。知識を増幅させたり、スキルを身につけさせたり、教養をつけたりと、人間が本来持つ潜在能力を引き出すための行動こそが勉学です。経済的な観点から見ると、知能が発達することで生産性が向上し、それが結果的には国力の向上に繋がるとされています。また、政治的には民主化が進みやすくなると言われています。実際にアフリカなど教育が十分に行き届いていない地域では、紛争や争いが頻発し、治安も悪く不安定な情勢の国が多いです。その国の文明を推進させる最も効果的な方法が、学ぶということです。

現在では日本を含めた国際団体がアフリカでの教育を浸透させるために活動しています。一人でも多くの子供たちに勉強をさせることが、アフリカの未来を明るいものへと変えることができるただ一つの方法だと信じているからです。学べる環境がある日本はとても恵まれています。世界一治安が良いと言われる所以も、学べる環境が整っている日本だからこそと言えるでしょう。

注目情報