待機児童や少子化などの様々な課題を背景に、その専門性を発揮し、多くの役割期待を果たすことが求められている保育士。

幼児教育は何歳からがよいか

保育士の国家試験に向けた教育

幼児教育は何歳からがよいか 待機児童や少子化などの様々な課題を背景に、その専門性を発揮し、多くの役割期待を果たすことが求められている保育士。保育士になるためには、専門学校などで所定のカリキュラムを終えたり、国家試験に合格したりすることが必要になります。そこで今回は、保育士の国家試験の教育を、特に福祉系科目に焦点を当てて考えていくことにします。

保育士の国家試験には、社会福祉、児童家庭福祉、社会的養護といった福祉系科目があります。いずれの科目も、歴史的変遷や、関連法制度、専門職の役割、対象者理解、施設類系などを、しっかり理解することが求められます。

また、これら知識の習得ばかりではなく、事例問題など一定の技術論を習得することも肝要です。知識、技術の双方をバランスよく教育することで、より保育士として必要な専門性を獲得でき、国家試験対策にもなります。これらのような点を押さえながら、保育士の国家試験に向けて教育を展開していくことが、大切になると考えられます。

注目情報